2017/04/29

老舗バスフィッシングマガジンBasserの人気ウェブメディアsiteBにて、BOREDのMETHOD及びVITALお取り扱いDEALERである池袋10minutesと共にリールメンテナンスのご紹介をさせていただきました。
バスフィッシング歴40年程と無駄に長いだけの自分ですが、Basserは創刊当時からの愛読書の一つでもあり、当日つり人社を訪れた際は感無量だった事は内緒です。
さて、今回は10minutesのボスKSN氏にメンテナンス作業をお願いし、自分はオイル&グリスの簡単な用途などを説明すると言う内容となりましたが、使用したリールがまさかのミドルスクール機種となり多少困惑した事も内緒です。
当然ながら油膜は存在せず、存在していても完全に酸化している状態でしたが、今回はチューニングではなくメンテナンスと言う事で、siteBを見ている方でもこれ位までは分解出来るであろう所まで分解洗浄を行いました。
動画の最後に仕上がり具合をチェックしているのは自分ですが、もう雲泥の差と言うかスムーズさとシルキーさが気持ち良い仕上がりとなりました。
これから梅雨〜真夏〜台風と雨天や湿度に加え常に高気温下な状況が続く金属にとって最も厳しいシーズンとなります。
しっかりと分解洗浄を行い適正なオイル&グリスで仕上げる事で、金属の寿命や精度は間違い無く維持出来ますので、是非BORED METHODのシンセティックオイルをご使用いただければと思います。
引き続きご注文はBORED STOREよりお待ちしています。

2017/04/28

51日に発売となりますBORED VITALWASH IN WRにつきまして、早速多くのご注文と共にお問い合わせをいただいています。
その内容として一番多いのは、既存のORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRとの使い分けなのですが、実際に使用している撥水成分の違いから効果や特徴が若干異なります。
先ずWASH IN WRは水溶性の濃縮タイプとなるので手軽に水で希釈して使用出来ますが、その長所としてはやはり対象物全体を希釈水に浸ける事で対象物へ均一な処理が行えると言う点です。
特にシェルジャケット、ポンチョ、テント、タープ、グランドシートなど大きな面積を持つ物へ既存のORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRを使用するとアッと言う間に1本を使い切ってしまいますし、大きな面積へのミストは均一な処理には不向きな場合があります。
そこでWASH IN WRの長所が有効となるのですが、実際のテストではゴアテックス製ハードシェルを1着に処理する場合でおよそ3L弱の水があれば済んでしまいます。いわゆる洗面器程度です。更に残りの希釈水でシルナイロン製のスタッフサックやサコッシュもついでに処理する事が出来ました。
仮に大物のテントや複数のウェアを一度に処理したい場合などは、洗濯機や浴槽を使用する事で20L~25L程度の水に対しWASH IN WRを丸々1本使う事になりますが、それでもランニングコストとしては十分安く済む事になり、更には浸ける事により処理ムラが全く起きない利点も得られます。縫製箇所もポケットもフードも全て均一に処理する事が出来ます。
処理後は成分が浸透付着している事から言えば通常の乾燥だけでも撥水効果は得られますが、今回のWASH IN WRに使用しているフッ素系ポリマーは熱処理を行う事で完璧な撥水効果が現れますので、推奨としては必ず熱処理を行っていただく事をお勧めします。これが唯一の短所と言えばそうなるのかもしれません。
この熱処理に関しては乾燥機を使用するかアイロンを使用するのが推奨となりますが、ジャケットやパンツなどの衣類はアイロンで十分対応出来ると思いますし、タープやグランドシートも同様にアイロンで対応可能です。
ただテントなどの立体物の場合は地道にアイロンをかける手間も時間もそれなりに増えてしまいますので乾燥機を使用する方が便利かもしれません。
ちなみにサンプルテスト結果から言うと自然乾燥後にアイロンを低~中温度設定となる80度~120度で30秒程かけてやる結果が最強の効果を発揮しました。
さて、その逆としてORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRはバッグ、シューズ、キャップなどの立体構造のアイテムや、ピンスポットで使用したい場合や処理時間を短くしたい場合などに有効となります。
これはミストなので誰もが想像つくと思いますが、使用したい箇所周辺のみを狙って処理が出来る事と、溶剤性につき直ぐに揮発して乾燥までに数十分もあれば済むと言う点が長所となります。
ただし対象物が濡れている場合や湿っている場合などはいくらミストしても効果が激減してしまいますので、必ず使用の前と後で乾燥されている事を確認する必要があります。これも短所と言えばそうなるのでしょう。
上記からそれぞれの長所短所がお分かりいただけたと思いますが、何よりもハイキングやフィッシングから帰宅して、泥や汗で汚れたウェアやキャップなどを洗濯機へ放り込み、その濯ぎ洗い中に適量のWASH IN WRを入れてやり、その後脱水してしまえば後は干すだけ。更に自然乾燥し終えたウェアやキャップなどにアイロンをかけてやれば完璧な撥水効果が得られていると言う手軽さは非常に便利だと思います。
もちろんWASH IN WRを処理したアイテムにもORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRをミストする事が出来ますので、ダブルで処理を行えればかなり最強な耐久撥水処理と言えるでしょう。
とにかくキモは完全に対象物を乾かしてやると言う事で、更に熱処理や温風乾燥を行えると最強の耐久撥水性が実感していただける点はBORED VITALのWRシリーズに共通します。
そんな訳でORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRWASH IN WRを上手く併用して今年の梅雨~真夏の雨天対策に是非ご使用いただければと思います。
ご注文はBORED STOREまたはBORED VITALお取り扱いDEALER各店までお問い合わせください。

2017/04/27

本日より受注を開始致しましたBORED VITALの新製品WASH IN WRですが、有り難い事に発売前からBORED VITALお取り扱いDEALERよりご注文をいただき早くも数量が僅かとなっています。
5月1日の発売となりますが先日より発送業務が大変混雑している都合もあり、また、GW休業も重なります事から、GW休業明けより順次発送を行わせていただく場合もございますのでご了承ください。
さて、お気付きの方も居るかもしれませんが、このWASH IN WR発売のタイミングにてWRシリーズのデカールデザインを若干変更する事となりました。
BOREDのルーツ?に戻りブラック&ホワイトのみを使用し、敢えて無骨に徹したデザインとなります。
ORIGINAL SIZE WRやPRO SIZE WRも同様に次回の生産分より同様のデザインへ変更する予定となりますが、肝心の内容物は一切変わりませんので報告まで。
と言う事で、出荷段取りの都合や受注状況の確認の意味も含め発売日より数日早い受注開始となりますが、引き続きBORED STOREよりご注文をお待ちしています。

2017/04/26

連日発売に向け準備を行っていますBORED VITALの新製品WASH IN WR。
水溶性耐久撥水剤として1年半ほどの開発期間を経てようやく発売に至りましたが、特徴としては水溶性の濃縮タイプでありながらも撥水効果の耐久性と復元性に優れていると言う事。
処理は自宅の水道水で手軽に希釈する事が出来て、対象物により50倍〜100倍の希釈率で無駄なく効率的に撥水処理を行う事が出来ます。
そして通常の乾燥後は更に乾燥機やアイロンを使用した熱処理を行う事により、100%のWASH IN WR効果が実感出来ます。
最終サンプルでは100円ショップで購入した当然何もコーティングされていないナイロン製の巾着袋を100倍に希釈したWASH IN WR希釈水へ漬け込み数分揉んだり、その後軽く絞ってからその辺に放置して大体乾燥したところでアイロンを使用し低80度で熱処理を行いました。
100円ショップで買った物なので、特に当て布などをせず直接アイロンを使用しましたが、アイロンの説明書によるとアクリルやポリウレタンなどは80度〜120度で最大50秒、ナイロンやポリエステルなどは140度〜160度で1分強ほど耐える様です。
まぁ今回は特に気を遣わずに適当に熱処理をしてみたと言う事ですが、上記の様に1分前後も熱処理を行う必要なく10秒ほどの熱処理ですぐに撥水効果が発揮出来ました。
もちろんこのテストは最終サンプルの成果を早く見てみたいと言う事で行ったものですが、キチンとした前後処理を適正の温度と時間で行うと特に耐久性には大きく影響して来ます。
正直言って市販のどの撥水剤でも撥水力は皆同等です。あ、超撥水は除きますが。
その撥水力がどの位継続出来るか?復元する事が出来るか?これがBORED VITALのWRシリーズがコダワっている部分です。
要するにBORED METHODのオイルと同じく、強く永く使用出来る事をメーカーポリシーとして部門を問わずプロダクトへ採用していると言う事です。
さて、そのWASH IN WRですが内容量200ml入りで税込¥2600にて5月1日発売予定となります。もちろん絶対にMADE IN JAPANですw
ただ、GWの絡みもあり生産が間に合わず初回生産分が極端に少ない事から、GW明けの5月二週目までには追加生産を行いますので、当面実質的には先行予約的な感じとなってしまうかもしれませんのでご理解いただければと思います。
そんなタイミングにて申し訳ありませんが、是非このWASH IN WRの実力をお試しいただければと思います。

2017/04/25

昨日より出荷を開始しましたBORED METHODのLIGHT DUTY、THICK HEAVY、BSLRの使い切りサイズとしてリサイジングしたオイル3種類ですが予想外に大好評をいただいています。
これでKRAKEN及びGOLYATと同様に統一された15ml入容器となったBORED METHODオイルは、これからが本格的に性能を発揮出来るシーズンとなります。
梅雨から晩秋にかけては急激に湿度が上がり長雨や豪雨などと相まって気温も急激に上昇します。
つまりあらゆる金属にとっては熱による膨張と湿度による酸化が頻繁に起きるシーズンとなり、サイクルパーツやフィッシングリールなど金属パーツにとっては一番過酷なシーズンとなる訳です。
安価な鉱物油や成分不明の合成油とは異なりBORED METHODのポリシーとなるフルシンセティックの絶対的な品質の違いと、適材適所に設計された各ラインナップにてこれからのオイルアップに是非ご活用ください。
BORED STOREからのご注文分と合わせて本日よりDEALER各店へも発送を開始していますので、引き続きお近くのBORED METHODお取り扱いDEALER各店までお問い合わせください。

2017/04/20

先日も軽く触れましたが、BORED VITALより今月末の発売を予定していますWASH IN WRについてご説明したいと思います。
このWASH IN WRは市販他社製品と同様に水の分子を利用して撥水成分を生地へ染み込ませ、乾燥後の熱処理により完全な撥水効果を付加させる水溶性撥水剤です。
既存のORIGINAL SIZE WRやPRO SIZE WRは溶剤性として速やかに浸透及び定着させる事で撥水効果を付加させる事を目的としていますが、事前に処理を行っておくシチュエーションが多い撥水剤においては、水の低分子性を利用して逆にゆっくりと浸透及び定着させてやる事で効果を発揮させる製品も必要でした。
WR各種にそれぞれ長所も短所もありますが、今回のWASH IN WRの長所としては成分を希釈した水へ漬け込み浸透及び定着させる事で対象物にムラなく均一な処理を行える点や、溶剤臭や換気にも気を遣わず日常の洗濯や入浴ついでに使用出来る点が長所となります。併せて使用する対象物の大きさに応じて水分量を調整出来るので、推奨する希釈率によりコストパフォーマンスに優れた使用が出来ます。
また、ORIGINAL SIZE WRやPRO SIZE WRは使用前の状態として対象物が完全に乾燥している事が絶対条件となりますが、このWASH IN WRは逆に水を利用する為に濡れていても湿っていても直ぐに処理を行う事が出来ます。
撥水効果としては溶剤性のORIGINAL SIZE WRやPRO SIZE WR同様に市販他社製品よりも耐久性に優れた撥水効果を付加させる事を目的としていますが、成分として安全性を重視したフッ素系樹脂、変性シリコーン樹脂、特殊ポリマーの3種をハイブリッドし、熱処理による効果の復元性や耐久性を高めています。
熱処理による復元性はアイロンやドライヤーなどで十分な効果が得られるので、特別な装置を用いなくても簡単に処理を行う事が出来ます。
推奨する使用方法としては、先ず事前に対象物の汚れや油などを通常洗濯で落としておく必要がありますが、柔軟剤や漂白剤などを使用しないシンプルな洗剤のみによる通常洗濯が条件となります。
洗濯済みの対象物を水で50倍~100倍に薄めたWASH IN WR希釈水に漬け込み、良く撹拌しながら5分程度馴染ませて行きます。
容量の多い洗濯槽や浴槽よりもバケツなどを使用すると必要最低量だけで済むのでコストパフォーマンス良く処理を行う事が出来ます。
上記でWASH IN WR希釈水に漬け込んだ対象物を洗濯機などを使用し1~2分軽脱水し、その後は天日で乾燥させますが、この時点で乾燥機を使用しておくと後に熱処理を行わずに済みます。
乾燥機を使用せずに乾燥させた対象物の場合はアイロンやドライヤーなどで熱を加える事により、WASH IN WR本来の撥水効果を得る事が出来ます。
乾燥機やアイロンの設定温度は低温設定が目安となりますが、温度としては50度~60度ほどが推奨となります。
ただし対象物の使用温度範囲もありますので、洗濯ラベルに記載の設定上限温度を守った上で当て布などを用いてご使用ください。
この使用方法ついては市販他社製品の水溶性ウォッシュインタイプ撥水剤と同様の行程となりますが、WASH IN WRの特徴として配合している特殊ポリマーの働きにより、市販他社製品の水溶性ウォッシュインタイプ撥水剤よりも成分密着性に優れた長寿命性を実現しています。
乾燥及び熱処理後は直ぐに撥水効果が実感出来ますが、当然ながら使用に際し摩擦や水圧などにより徐々に効果が薄れて来る場合もあります。その場合でも一旦乾燥させて熱処理を加える事で撥水効果が復元します。
更に経年などによる撥水効果の復元が薄れて来た場合は再度一から処理を行うか、WASH IN WRを水で10倍に希釈した物をミスト後に熱処理を行う事でまた撥水効果を得る事が出来ます。
WASH IN WRの希釈目安として、薄物のハードシェル、ウインドシェル、サコッシュなどの場合はおよそ3Lの水に対しWASH IN WRを30mlから60ml使用、厚物のハードシェル、ソフトシェル、バックパックなどの場合はおよそ5Lの水に対しWASH IN WRを50mlから100ml使用、シューズやキャップなどの場合は水に10倍希釈したWASH IN WRをミストまたは50倍希釈した水にドブ浸けで使用、大物のテントやタープについては洗濯機を使用し低水量の20L〜30Lを目安としてWASH IN WRを1本丸々を使用します。注水洗いではない通常洗濯で5分から10分ほど洗濯し、2分~3分の軽脱水後に乾燥及び熱処理を行ってください。
WASH IN WRは撥水性だけでなく撥油性にも優れた効果により防汚対策としても日常の洗濯ついでに付加する事が出来るマルチパーパスな用途として、3種の撥水及び補助成分を配合したBORED VITALオリジナルの水溶性撥水剤です。
4月末頃の発売予定につき只今連日準備を開始していますので、詳細などは追ってBORED STOREにてアップ致します。

2017/04/19

新年度からBOREDの雑用係を担当する事となりましたSと申します。
アウトドアにもフィッシングにもサイクリングにも全く興味の無い自分ですが、BOREDが使っている外注倉庫でのお付き合いを経てパートタイムしています。
実は4月からBOREDのBLOGやFACEBOOKのアップは自分が行っていました。
とは言ってもボスの校正が入ったテキストを適当な時間にアップすると言う極簡単な作業なので、それに伴う画像の準備や文章の作成を行っています。
お気付きの方もいるかと思いますが、4月から始めたDEALER各店への発送ニュースなども自分が行っています。
もちろん主な仕事は外注倉庫での作業が本職となりますので、製品の外装貼や検品などを行った後に指示に従った梱包から出荷までを担当しています。
ボトル製品の出荷が多いBOREDですが、実は使用しているラベル全てが紙では無い高級素材を使用していますので頻繁にロスさせる訳には行きません。
毎月数百から千枚以下のラベルを治具を使った手作業で貼付けていますので、用紙の癖なども頭に入って来ましたが、たまにミスをするとボスに肩パンチを入れられますw
来週からは新しくMETHODのリサイジング製品がリリースとなりますが、既に多数のご注文をいただき今週はその準備に追われる日々となりそうです。
今年に入って公私共に超多忙&外出続きなボスの指示でこれからも雑用全般を行っていきますので、画面の中だけでの登場となりますが今後とも宜しくお願い致します。
BOREDパートタイマーSでした。

2017/04/18

以前もお知らせしましたBORED METHODの定番オイルLIGHT DUTY、THICK HEAVY、BSLRの3製品につきまして、KRAKEN及びGOLYATと同一容器となる15ml入容器へリサイジングしたラインナップを発売する事となりました。
これに伴い各デカールデザインも変更を施しましたが、基本的にはオリジナルサイズのイメージを継承したデザインとなっています。
このリサイジングしたラインナップは使い切り容量を目的とした製品となりますが、既存の30ml入容器の場合だと期限内に使い切れないと言うお客様の要望もあり、KRAKEN及びGOLYATと同一容器とする事となりました。
15ml入容器とは言っても実際の容量は18ml程が充填されていますが、容器の規格サイズとして15ml入容器としていますので参考まで。
将来的にはMETHODオイル全てのラインナップをこの15ml入容器で統一する事となりますが、当面はオリジナルサイズの30ml入容器と平行して販売して行きます。
容量が減った分の価格として多少割高になってしまうのは回避出来ないのですが、次回生産時から一部添加剤の値上げも予定されていましたので、価格に関しましてはご理解いただければと思います。
只今デカールの生産中につき4月24日よりデリバリー開始とさせていただきます。
毎度の事となりますが、初回生産分は在庫が少な目となりますので、お早目にBORED STOREよりご注文いただければと思います。
また、BORED METHODお取り扱いDEALER各店からもオーダーをいただいていますので、併せて24日以降はBORED METHODお取り扱いDEALERでもお買い求めいただけると思います。
このところ雨天続きとなっていますので、BORED立ち上げ以来一環したポリシーとなります強靭な油膜性と極圧性に優れたBORED METHODのシンセティックオイルをゼヒお試しいただければと思います。

2017/04/12

昨日より先行受注を開始致しましたBORED VITALのHEX RIPSTOP MESH CAPですが、お陰様で早くも残り受注枠が一桁となっております。
デリバリーは5月上旬頃の予定となりますが、このペースで行くと入荷と同時に完売の可能性となりそうです。
今回も数量限定生産となります都合から事前のプリオーダーをいただいておりますが、決済確認をもって正式な受注確定とさせていただきますので、引き続きBORED STOREよりお早目のご注文をお待ちしています。
先日BORED VITALお取り扱いDEALERに加わりましたキュレーションサイトのHATCHに続き、東京は神楽坂にありますla kaguでもBORED VITALのWRをお取り扱いいただける事となりました。
今回はla kagu内のHATCHブースにてショップインショップとしてお取り扱いいただく予定となっています。
このla kaguは1960年代に建てられた新潮社の書庫をリノベーションし、2014年10月に神楽坂の地に新たに誕生した、ファッション、雑貨、家具、書籍、アート作品を取り扱うスペースです。
併設されたカフェで寛ぎながらショッピングを楽しめるので、是非一度遊びに行ってみてください。
引き続きBOREDではMETHOD部門製品またはVITAL部門製品をお取り扱いいただけるDEALERを随時募集しています。バイシクル、フィッシング、アウトドア、スケート、セレクト、ワークウェア、ストリートウェアなどをはじめ、上記に関連する飲食店なども対象にお取り扱い可能となりますので、BOREDのオフィシャルメールinfo.bored@gmail.comまでお問い合わせ下さい。