2017/06/27

充填作業を終え入荷となりましたBORED STORE限定販売のBLACK LABELですが、これからデカールを貼り終え明後日からデリバリーを予定しています。
チューニング専用オイルとしての発売は久しぶりとなりますが、今回はフレッシュウォーターのフィッシングリールに特化したBORED史上最低粘度のチューニングオイルとなっています。
BLACK LABELの名の通り真っ黒に調色されたオイルは超低粘度の極薄油膜でも注油目安が分かり易い様に調色した結果となりますが、もちろん固形添加剤の二硫化モリブデンなどを使用した色味では無く敢えてブラックに調色した物となります。
フィネス、ライトリグ、トラウトなどシビアなセッテイングのみならず、コンテストなどで手返し良くナチュラルな飛距離を求める場合などにも有効です。
ワンロット限定生産につき残り僅かとなりますのでお早目にBORED STOREよりご注文をお待ちしています。

2017/06/15

今年は昨年と比べ梅雨らしい天候が続いていますが、この梅雨〜夏季〜初秋までのシーズンは是非BORED VITALのWRシリーズを雨天対策にご利用ください。
日本国内生産に拘わり耐久性と復元性に優れた撥水効果を追求した製品です。
ORIGINAL SIZE WRとPRO SIZE WRは速乾性に優れた溶剤性耐久性撥水剤となります。対象物が完全に乾燥している状態で染み込ませる様に十分ミストを行った後、天日や温風にて完全乾燥させる事で処理が完了します。
WASH IN WRはその名の通り水溶性耐久撥水剤となりますが、こちらは逆に水に希釈して浸け込む事で成分をゆっくりと対象物へ浸透させます。
推奨としては50倍ほどを水に希釈させた物に対象物を浸け込み揉み洗いした後、軽く脱水させてから通常乾燥させ、その後に乾燥機やアイロンなどで熱処理を加える事で処理が完了します。
使い分けとしてORIGINAL SIZE WRはフィールドへ携帯しその場で処理を行う場合など、PRO SIZE WRは自宅や職場などで不意の雨天に備え常備しておく場合など、WASH IN WRは比較的大きなテントやタープ、または一度に何種類も処理を行う場合などに有効となります。
いずれの製品も発売以来ご好評をいただき、アウトドア、ハイキング、フィッシング、サイクリング、キャンピングなど各方面で高い評価をいただいています。
海外製品や他社製品をサンプリングし更に高い効果を発揮させるBORED VITALのWRシリーズはBORED STOREまたはBORED VITALお取り扱いDEALER各店にてお買い求めいただけますので、是非このシーズン中にご活用いただければと思います。
製品の詳細や使用方法などはBORED STOREの各製品ページをご確認ください。

2017/06/13

先週付けでBORED METHODお取り扱いDEALER各店一斉にオイル&グリスの在庫補充が完了しています。
梅雨入りし本日も雨天となります東京ですが、サイクル、フィッシングリール、スケートボード各種においてこの時期集中的に注油を行う箇所としてはやはりベアリングが一番に挙げられます。
現在一般的に使用されているシールドカートリッジベアリングにおいても完全密封では無い事から常に湿度や気温が影響しベアリング内外の状況は一定ではありません。
更に使用時においては回転に伴う摩擦も加わる為に徐々にオイルの剪断性が失われ理想的な油膜の保持が難しくなって来ます。
メーカー純正のオイル&グリスはあくまでも初期状態を一定期間維持させる目的として使用されていますが、それにプラスαの効果を加えるならBORED METHODのオイル&グリスをご使用ください。
オイル&グリスの耐久と寿命を先ず最優先に考え、吸着性と極圧性を最高レベルで維持させる為にオリジナル特注生産している材料を使用し、超低粘度、超高粘度、超粘着、超浸透など様々な他社製品には無いユニークなバリエーションをラインナップしています。
BORED METHODオイルのご使用に際しては、必ず既存のベアリングをパーツクリーナーなどで脱脂洗浄した上で、バージンな状態でベアリング筐体に十分浸透させる量を注油してください。
BORED METHOD製品をご使用のメンテナンスやチューニングをご希望の場合はこちらのhttp://bored.thebase.in/blog/2015/03/14/023939お取り扱いDEALER各店までお問い合わせください。
お買い求めはBORED STOREまたはBORED METHODお取り扱いDEALER各店よりお待ちしています。

2017/06/10

結局、最終調整の確認などを行っていた事で堅気の時間に間に合わず深夜となってしまいましたが、先ほどBORED STOREへアップしましたBORED STORE LIMITEDとしてBLACK LABELを復刻限定生産致します。
数年前に発売しましたBLACK LABELはサイクル用としてのオイルでしたが、今回のBLACK LABELはフィッシングリール用としてのオイルとなります。
BLACK LABELは究極のハイスペックを追求した限定生産のシリーズとなりますが、今回も先代のBLACK LABELを継承した用途限定のオイルとなっています。
今回のBLACK LABELはフレッシュウォーターのフィッシングリールチューニング用オイルとして特に用途を限定した設計としています。
それは既存のフィッシングリール向けKRAKENやGOLYATなどの様に面や間接の摺動までもカバーする目的では無く、ボールやスピンドルなど点や線への用途を目的とし、フィッシングリールのベアリング部やスピンドル部のチューニング用途として最適な設計としています。
BORED METHODがポリシーとしている油膜性と極圧性の効果として極薄な油膜により極限まで油分による粘度抵抗を抑え、回転と潤滑を追求しドライに最も近い状態のピーキーなオイル製作に挑戦したBORED METHODの応えがこのBLACK LABELです。
BORED METHODが特注したオリジナルのISO VG3の超低粘度なノンポリマーエステル化学合成油とISO VG7のポリアルファオレフィン合成油を混合したベースオイルは結果としてISO VG5で理想の粘度となり、それらに極圧添加剤、減摩調整剤、粘弾性添加剤を配合する事で粘度抵抗や摩擦抵抗を極限まで抑えオイル離れの良いレスポンスを重視した油膜を維持する事が出来ました。
また、ノンポリマーエステルとポリアルファオレフィンの混合によりケミカルアタックへの懸念も相殺されます。
BLACK LABELはフレッシュウォーター全般用として、ショートディスタンスのピッチングやフリッピングにおいては回転初速を失う事なく、ヘビーオンスなルアーやビッグベイトをロングキャストする際には延びの良いナチュラルな回転加速を維持する事が出来ます。
もちろんライトリグやフィネスでもご使用いただけますが、BORED METHODの自負する油膜性と極圧性から上記の様にヘビータックルでも十分対応可能な設計としています。
用途を限定した超低粘度な特性と今回の為に特注した材料の品質を今後も継続量産する事が難しい為、以前のBLACK LABELを復刻させ数量限定生産としました。
デリバリーは6月下旬よりBORED STORE LIMITEDの限定生産となりますので、ご注文はBORED STOREよりお待ちしています。

2017/06/09

ようやく先日VITALお取り扱いDEALER各店へ向け出荷業務が終わったところですが、今度はMETHOD製品の在庫補充分が入荷して来ました。
と言う事で明日からまた数日は倉庫での出荷業務が続く見込みですが、DEALER各店へ向けた発送も開始していますので、週末にはMETHODお取り扱いDEALER各店にてお買い求めいただけると思います。
さて、先日関東も梅雨入りが発表されたばかりですが、BORED的にはMETHOD製品もVITAL製品も一年で最も需要の多いシーズンを迎える事となります。
梅雨の長雨、真夏の豪雨、初秋の台風などこれからのシーズンは常に高気温と共に湿度と雨天もセットで影響して来ます。
本格的なシーズンを迎える前にBOREDのMETHOD製品及びVITAL製品にて是非事前ケアにご活用いただければと思います。
と言いながらも実は既にMETHOD製品もVITAL製品も品薄状態となってしまいました。
その分お取り扱いDEALER各店の在庫はバッチリとなりますので、是非BOREDお取り扱いDEALER各店まで足を運んでみてください。
BORED STOREではVITALのHEX RIPSTOP MESHCAPが残り僅少となっており、売り切りセール中の2017 SS T-SHIRTS各種も同じく僅少となっています。
その他METHODのオイル&グリスやVITALのWRシリーズも既に在庫が少なくなっていますので、是非お早目にチェックしてみてください。
ちなみに何となくBORED STOREの背景をブラックに戻してみました。多分BORED常連さんには馴染み深いブラックとなりますが、何だか製品画像の発色も良く見えて結果的にはこちらの方が良い気がします。
いつになるか未定の正式なHP構築までは当分この感じで行こうと思いますので、引き続きのご注文をお待ちしています。

2017/06/07

先日よりプリオーダーとして先行受注を開始致しましたBORED VITALから発売のTYVEK UL SCHLAFですが、お陰様で早々に初回生産分の残りが数個となっています。
6月20日より順次デリバリー開始となりますので、是非BORED STOREよりお早目のご注文をお待ちしています。
また、併せて先日入荷となりましたBORED VITALのORIGINAL SIZE WR及びPRO SIZE WRですが、こちらも同様に各在庫の残りが数本となっていますので、本日より梅雨入りしましたタイミングにてお早目のご注文をお待ちしています。

2017/06/06

6月に入ってからBORED STOREをご利用のお客様やBORED METHODお取り扱いDEALER各店より大変多くのご注文をいただいていますLDG、THG、BSLGですが只今在庫補充が完了しています。
BOREDとしては初の使い切りサイズとして内容量25gほどの持ち運びにも便利な容器となりますが、特にLDGとTHGは超低粘度な性状も伴い延びの良いグリスとなり、意外とこの容量でも長持ちすると評価をいただいています。
そしてLDGとTHGよりも少し高粘度化したBSLGでも、一般的には低粘度な性状となりますので同じく使い勝手の良いグリスと言えるでしょう。
BORED METHODのルーツとポリシーとして、粘度抵抗を妨げる高粘度なグリスには一切必要性を感じていません。
潤滑のキモは強靭な油膜性と極圧性が全てだと言うコンセプトに基づき、安易に物理的な粘度を高める事なく、低粘度ながらも油膜性と極圧性に拘ったオイル&グリス生産を14年間継承しています。
セミシンセティックなグリスはプラスティックやゴムなどへのケミカルアタックも懸念しての事で、特に樹脂類の多いフィッシングリールのギア周辺や、バイシクルのブレーキレバーやシフトレバーなど、すぐに分解洗浄し難い箇所への注油にご使用いただければと思います。
ご注文はBORED STORE及びBORED METHODお取り扱いDEALER各店よりお待ちしています。

2017/06/05

本日よりプリオーダーにて先行受注を開始致しましたBORED VITALのTYVEK UL SCHLAFですが、お陰様で大変多くのご注文をいただいています。
収納サイズとしてお問い合わせをいただきましたので、分かり易く手持ちアイテムとの比較画像をアップしてみました。
手前はナルゲンの1Lボトルですが、TYVEK UL SCHLAFに付属のスタッフサックに収納時はほとんど同じサイズにて収まります。
ただ、付属のスタッフサックに収納しても実は多少余裕があり、実際はコンプレッションする事で更に一回りほど小さくする事も可能です。
この位の大きさに収納出来るのであればストレスも感じず、仮に市販のインサレーションシュラフと併用する場合でもかなりコンパクトにパッキング出来ると思います。
通常のハイクとは異なりロングトレイルやバイクパッキングなどにおいては、軽量であればあるほど理想的なのは当然ですが、それよりもスペースとして体積をいかにコンパクト化出来るかが重要視されて来ます。
オーバーナイトを想定したパッキングではテントとシュラフのスペースだけがデイハイクとの違いとなりますが、そのスペースを補える点としてテントやシュラフのコンパクト化が重要になって来るでしょう。
参考までに自分が夏季シーズンでテントとシュラフを使用する場合は、今回の画像程のスペースがあれば済んでしまいます。
必要であればこれにマットやグラウンドシートを追加する程度で十分快適な空間を作り上げる事が出来るでしょう。
今年の夏季はキャンプフィッシングにも挑戦してみようかと思っているので、パックロッドとタックルのスペース確保の意味でもTYVEK UL SCHLAFが実用的となりそうです。
初回生産分の残りも少なくなって来ましたので、引き続きご注文はBORED STOREよりお待ちしています。

2017/06/04

先日お知らせしましたBORED VITALより発売予定のTYVEK UL SCHLAFですが、製品の仕様及び詳細が決定し生産を開始する事となりましたので、6月5日よりプリオーダーを開始させていただきます。
取り急ぎ製品の画像と仕様はBORED STOREへアップ済みとなりますので、そちらより詳細をご確認いただければと思います。
このTYVEK UL SCHLAFは、日本国内のプライベートメーカーよりOEM供給を受け、各種パーツをBORED VITAL仕様へアップグレードした最軽量クラスのマミー型ウルトラライトシュラフとなります。
TYVEK UL SCHLAFに付属する同素材のスタッフサクを含む総重量は約240gとなり、市販では最軽量クラスとなりますが、付属のスタッフサックへ収納したサイズも約23cm×φ11とナルゲンの1Lボトル程のコンパクトさとなります。
ただこの収納サイズはコンプレッションさせたサイズではなく、あくまでもメーカー推奨の付属スタッフサックとしての無理ない収納時となりますので、コンプレッションさせた場合は更にコンパクト化も可能です。
実際に気温が安定し始めた5月下旬〜6月上旬を想定し、関東近郊にて先日フィールドテストを実施しましたが、既にこのシーズンでは市販のテントとマットを組み合わせた装備で単体使用でも全く問題無くご使用いただける快適さとなりました。
参考までに上記フィールドテストでの装備はテントにSIXMOON DESIGNのLUNA SOLO LE、マットにBALLISTICSのPUNCHING UL MAT、ウェアはmontbellのスーパーメリノウールライトウェイトにReebokのトレーニングタイツとSALOMONのランニングハーフパンツの組み合わせのみで、某河川上流部河原沿いでの幕営となります。
全てを極端なウルトラライト装備とした訳ではありませんが、一般的にみて平均的なウルトラライト装備でも、就寝時には上記軽装のままで心地良く眠る事が出来ました。
これからの夏季シーズン以外でもロングトレイルやバイクパッキングなどミニマリスト向けビバークシュラフとして、市販のインサレーションシュラフと組み合わせたシュラフカバーとして、また、防災時などのエマージェンシーシュラフとして、ライトでコンパクトなパッキングが可能な最軽量クラスのマミー型ウルトラライトシュラフとして全てのシーズンでご使用いただけると思います。
日本国内での材料手配からハンドメイドによる丁寧な縫製で生産される為、月産数には限りがありますので、取り急ぎ初回生産分に関しましては6月5日よりプリオーダーにて先行受注を開始させていただきます。
デリバリーは6月20日より順次開始となりますので、是非これからのベストシーズンに向けBORED STOREよりお早目のプリオーダーをお待ちしています。

2017/06/02

先の記事ではこれから訪れる梅雨の長雨、真夏の豪雨、初秋の台風に備えた事前対策としてBORED VITALのWRシリーズをお知らせしましたが、もちろん上記シーズン中はBORED METHODとしてもお知らせする事があります。
既にMETHODヘビーユーザーの方々はご承知と思いますが、これからのシーズンは金属全般にとって一番過酷なシーズンとなります。
冒頭の様に水分や湿度が金属全般に影響する事は、もちろん酸化を起こすと言う意味での事ですが、それ以外にも高温による膨張や潤滑油自体の酸化や乳化などが挙げられます。
非常に誤解が多いのですが鉄以外の金属も当然酸化します。つまりは錆びると言う事です。
鉄の様に表面が赤茶になる訳ではない事が誤解の原因ですが、アルミやジュラルミンは白く酸化を起こし、チタンやステンレスは表面が濁る様に酸化を起こします。
これらを防ぐ方法として一般的には何かしらの表面処理を行うか、定期的に注油して油膜を与えてやるかとなりますが、どちらが安価で手間もいらないかと言えば当然注油に軍配が上がります。
また、注油においては酸化の防止だけでなく、本来の効果として潤滑の促進や焼き付き防止の意味もあるので一石二鳥となります。
また、熱膨張した金属同士は精度が悪くなり本来の公差で無くなります。つまりは丁度良い隙間だった物が突然キツくなるまたはユルくなるイメージです。
それらを防止する為には極圧性や減摩性に優れた油膜を与えてやり、同時に浸透性や吸着性も必要となってきます。
何でも良いから適当なオイルを注油しておけば良いと言う訳ではなく、安価な鉱物油などにおいては酸化し易い物や揮発し易い物が多いので注意が必要です。
これからのシーズンに向け特に重点的な注油が必要なカテゴリー毎にBORED METHODの推奨ラインナップとしては下記を推奨します。
先ずバイシクルのおいてはチェーン、ワイヤー、ギアスプロケットなどの常に摩擦や摺動する部分にLIGHT DUTYまたはBSLRを、ステム、ポスト、クランプなど雨による浸水影響が多い部分にはBSLGやTHGがお勧めです。
次にフィッシングにおいては当然リールの露出し水分を常に受けているレベルワインダーにはLIGHT DUTYやTHGを、スプールベアリング、ハンドルノブベアリング、ラインローラーなどの簡易的にシールドされながらも浸水が懸念される部分にはGOLYAT、LIGHT DUTY、BSLRをお勧めしています。
最後にスケートボードには基本ウィール内に収まった状態のミニチュアベアリングが主体となりますが、回転を求める場合にはKRAKEN、GOLYATを、耐久性を特に重視する場合にはLIGHT DUTYをお勧めしています。
それぞれ粘度や特性が異なりますのでお好みのフィーリングが無い場合には、各種を混合してオリジナルカスタムオイルを作れる事もBORED METHODオイルの特徴です。
とにかく金属への事前対策としての注油はパーツの寿命や精度に大きく関わって来ますので、必ず上記推奨オイルを参考に定期的な注油をお願い致します。
ご自身でメンテナンス出来ない場合は記BORED METHODお取り扱いDEALER各店までご依頼してみてください。
引き続きご注文はBORED STOREまたはBORED METHODお取り扱いDEALER各店よりお待ちしています。
本日付けでご注文いただきましたBORED VITALお取り扱いDEALERへ向けたWRシリーズの発送が完了致しました。
10日間ほど事務所へ一切出勤出来ず、連日倉庫にて早朝までの出荷準備に追われる日々が続いていましたが、ようやく今回の入荷分につきましては発送を完了致しました。
ただ一部容器のパーツが不足しています新製品のWASH IN WRにつきましては、6月中旬までに出荷準備を整えた上で追って発送作業を再開致します。
さて、間もなく梅雨の長雨を迎えると更に真夏の豪雨や初秋の台風など、WRシリーズが一年で最も活躍するシーズンとなります。
フィッシング、ハイキング、サイクリングなどアウトドア全般の事前対策として、また通勤通学などの日常使用としてもWRシリーズの耐久性と復元性により高い撥水効果を持続します。
既にBORED STOREの在庫も一桁となっていますので、BORED VITALお取り扱いDEALER各店と合わせ、是非お早目のご注文をお待ちしています。

2017/06/01

只今サンプルテストを行っているBORED VITALからリリース予定のマミー型TYVEK SCHLAFです。
最近個人的にTyvekを改めて見直していると言うタイミングとなりますが、その利点としてTyvekは軽量強靭ながら比較的と安価と言う点があります。
主に他分野で使用される事の多い素材ではありますが、ウルトラライト系素材として使用されている中でもダントツのコストパフォーマンスであるのは間違いありません。
生地において軽いと言う事は必然的に「薄い」にも繋がりますが、薄いと言う事は結果「弱い」にも繋がります。ただ、それは他の生地や素材にも共通する点となり、金属であっても木材であってもカーボンであっても同じ物理的理由からの事です。
ただ大切なのはその素材でどの程度の耐久や寿命を望むのかと言う事。
今更説明するのも何ですが、岩場や溶岩で使用していれば大抵のウルトラライト系素材には直ぐに穴が空くか擦れて強度が著しく落ちますが、それを防ぐには例えばバリスティックナイロンやパラフィンコーティングされたキャンバスなどの厚く重い生地を使用する事でもっと長期に渡り使用出来るでしょう。
一生物の買い物であればそれも良いかもしれませんが、例えば数年単位での使用期限を想定するのであれば過剰な強度よりも常にコンパクトに持ち運びや保管出来る方が実用性として確実に理にかなっているでしょう。
ウルトラライトの本質はそこでもあるのですが、ライト&コンパクトでありレスポンス良く行動出来る装備として、環境や用途を見極めて使用すれば実用上問題なく使用出来ると言う事が最大の意味となります。
ただし、上記の様に使用期限や条件を設けるなら単に軽く弱い素材で良いのか?と言うとそうでもなく、技術の進歩により軽く薄くても実用強度もある上で他の付加価値を伴う素材が多数存在していると言うのが現在です。
Tyvekもその一つであり、今回使用しているマミー型TYVEK SCHLAFは内側にアルミを蒸着させた日本国内流通品のTyvek Silverを使用しています。
内側のアルミ素材には酸化を防ぐ抗酸化樹脂コーティングが施され、軽量で且つ透湿、防水、防風、遮熱に優れた素材となっています。
つまり外からの水や風の侵入を防ぎ、保温材を一切使用せず体温を熱源とする遠赤外線効果の輻射熱により、夏は単体のビバークシュラフとして、春、秋、冬は市販のインサレーションシュラフと組み合わせたシュラフカバーとしてオールシーズンご使用いただけます。
参考までにこれを書いている関東近郊の現在ではシュラフとして単体使用する事をフィールドテストで確認しています。
画像の状態から多少の変更点は生じますが、機能性の面では既に問題なく使用出来る事が実証済みとなりますので、今年の夏場までにはリリースする方向で調整を行っています。
一般的なキャンプやハイクでの使用はもちろん、バイクツーリングやロングトレイルなどパッキング重量を抑えるアイテムとして、またエマージェンシーツールとして常備しておく事もお勧め出来る軽量さと価格を検討していますので是非このTYVEK SCHLAFにご期待頂ければと思います。
昨日より予定通り発送を開始致しましたBORED VITALのWRシリーズですが、今回の出荷分から画像の通りデカールデザインが若干変更となっています。
サイドのカラーが消え完全なモノクロデザインとなりましたが、そんなに大きく印象も変わらないので差し当たりお知らせしておきます。
さて、連日倉庫での出荷準備がピークを迎えていますが、昨日よりBORED VITALお取り扱いDEALER各店へ向け発送が開始しています。
ただ、ここに来てまさかのWASH IN WRに問題が発生し、容器の材料が一部欠品してしまいました。
すぐに材料を手配しましたので一週間程で改めて発送を再開出来る見込みとなりますが、BORED STOREからのご注文に関しましては上記頃のお届けとさせていただきます。
と、とりあえず雰囲気も全く感じない倉庫で撮影しましたWRシリーズの画像となりますが、間もなく梅雨を迎えるに当りBORED VITALお取り扱いDEALER各店からのご注文も殺到していますので、お買い求めはBORED VITALお取り扱いDEALER各店またはBORED STOREよりお待ちしています。
併せて今回の発送業務が終了次第、すぐに倉庫の整理を行う都合から急遽保管場所を取る2017 SS T-SHIRTS各種も売り切りセール中となりますので、是非こちらのご注文もお待ちしています。

2017/05/30

BOREDパートタイマーSです。
先日BOREDボスと相談した結果、自分の本業でもある倉庫業務のBORED製品保管場所を急遽整理する必要が生じ、とりあえず保管に際し一番場所を取り管理に気を遣うアパレル製品を売り切りしてしまおうと言う事になりました。
比較的新しい製品ではありますが、倉庫の整理に伴い33%OFFの特価にてセールを行っています。
BOREDのMETHOD及びVITAL各種2017 SS T-SHIRTSの在庫限りとなりますが、既にカラーやサイズにより完売及び品薄が多くなっていますので、突然のタイミングとなりますがお早目にBORED STOREよりご注文をお待ちしています。
また、先日の月曜日からBOREDボスも含めた倉庫スタッフ全員出動でWRシリーズの出荷準備を開始致しました。
こちらは今月末より順次発送開始となりますので、間もなく梅雨に入る事前準備にお役立ていただければと思います。
引き続きのご注文をお待ちしています。

2017/05/26

BORED VITALお取り扱いDEALERのキュレーションサイトHATCHにて、ORIGINAL SIZE WRとPRO SIZE WRの2種類をセレクターのYOPPI君ことT19の江川芳文君が紹介してくれています。
以前お取り扱いDEALERとしてご紹介した際にも多くの反響をいただきましたが、HATCH内にてYOPPI君の解釈でBOREDのご紹介もしてくれていますので、改めてHATCHをご確認いただければと思います。
併せて神楽坂のla kagu内HATCHコーナーでもお取り扱い中となりますので、是非そちらへも足を運んでみてください。

2017/05/25

連日外注倉庫での出荷作業が続いておりますボスに代わりパートタイマーSがお届けしています。
さて、先日もお知らせしました数量限定生産のORIGINAL SIZE BK及びPRO SIZE BKの発送は本日付けで全て完了致しました。
今季は数量限定生産のワンロット生産となりますORIGINAL SIZE BK及びPRO SIZE BKですが、お陰様でORIGINAL SIZE BKは完売となり、PRO SIZE BKも残り一桁の在庫となっていますので、BORED STORE及びBORED VITALお取り扱いDEALER各店よりお早目のご注文をお待ちしています。
併せて只今欠品中となりますORIGINAL SIZE WR及びPRO SIZE WRに関しましても月内の在庫補充に向けて引き続き外注倉庫での作業を継続しています。
WASH IN WRのデカールデザインと同様に、今回の生産分からORIGINAL SIZE WR及びPRO SIZE WRのデカールデザインも若干変更しています。
画像は外注倉庫でのラベル貼り作業を終えたORIGINAL SIZE WRの容器となりますが、新たに完全モノクロとなったデカールとなります。
設立当初からBOREDをご利用いただいておりますユーザーにはお馴染みなイメージかもしれませんが、今年度からMETHOD同様にBOREDらしいモノクロデザインへ一新して継続生産して行く事となります。
また明日から天候不順が続く様ですが、引き続きこれからの梅雨や豪雨への対策としてBORED VITALのアウトドアミスト&アウトドアリキッドをご使用の上で事前対策にお役立ていただければと思います。

2017/05/19

毎年夏季限定生産としていますBORED VITALのBKシリーズですが、週明けより順次発送を開始致します。
今回は一度きりのワンロット生産となる為に、早くもリピーターやヘビーユーザーからのご注文が殺到し、現時点でORIGINAL SIZE BKが残り数本、PRO SIZE BKの方も残りが10本程となっています。
今季のBKは昨年と同じ成分で生産していますが、実はハッカ系成分のみの配合量を更に2倍として市販最強のハッカ系配合量を自負しています。
相変わらず涼しいとか冷たいを通り越して寒い?痛い?と感じるほど強烈なハッカ系配合量となりますので、虫除防虫効果だけでなく真夏の清涼冷感効果としてもご使用いただけます。
今回も保存料や添加剤は無使用となりますので、ワンシーズンの使い切りとして毎日のデオドラントローション感覚で常にご使用いただいても問題ありません。
とにかく最強のハッカ系成分を市販最大量で配合した今季のBKを是非お試しいただければと思います。
残り数も僅少となりますのでご注文はBORED STOREよりお早目にお待ちしています。
長かった今回の不意打ちインフルエンザもようやく落ち着いて来たところで、入浴終わりの残り湯を使用してハイクでメインに使用しているバックパックをWASH IN WRで撥水処理してみました。
浴槽に5cm程の湯を残しWASH IN WRを1本入れてからGRANITE GEAR、ARCTERYX、TERRA NOVA、INOV8と、20Lから30Lまでのバックパックを4個を一気に浸します。
事前に既存のWRをミストしていたせいで中々水が染み込みませんでしたが、高温設定したシャワーと洗濯洗剤で下処理的に洗浄し、ようやく水が染み込む様になりました。
画像の様にWASH IN WRを入れた希釈水に浸して時々前後表裏を入れ替えたり揉み洗いする様にまんべんなくWASH IN WR希釈水を染み込ませて行きます。
バックパックやテントなど元々ナイロンやポリエステルなどの合成繊維を使用している場合は、脱水も絞る程度で済ませてしまい多少水気を多く含んでいる場合でもそのまま屋外へ干してしまいます。
物干竿に干している最中も終止水が垂れ落ちていますが、翌日にはほとんど乾燥出来ているでしょう。
その後バックパック4個にアイロンがけは面倒なので近所の乾燥機へ持ち込み15分で100円分の熱処理を高温設定で行えば完了です。
これから梅雨を迎えるに当り事前に撥水処理を済ませておく事で、撥水防汚処理としていつでも気軽に使用出来ますので、是非ハイキング、フィッシング、サイクリングの本格シーズン前にお試しいただければと思います。
お買い求めはBORED STOREまたはBOREG VITALお取り扱いDEALER各店にてお待ちしています。

2017/05/17

現在BORED METHODでは3種類のグリスをラインナップしていますが、最近はユーザーでも用途を限定した使い方をされている方が多い様です。
そもそもBORED立ち上げ時からのポリシーとして、オイルの油膜性と極圧性が高ければグリスの必要性は無いと言い切って来ました。
つまりいつまでも薄く油膜が残っていれば金属同士が直接接触を起こす事が無いので、金属の精度を変える事なく維持する事が可能です。
それが衝撃や摩擦により連続して油膜が失われると焼き付きを起こし、金属の精度を変えてしまう事になります。
BORED METHODのオリジナルオイルを一言で現すと、油膜性と極圧性を絶対条件としたタフなオイルと言う事になります。
いつまでも常に油っぽくオーバースペックな摩擦においても常に油膜が存在し潤滑を続ける事が出来るオイル、これが14年間継承し続けているBOREDのポリシーです。
なので、特にグリスの必要性を感じた事も無かったのですが、やはりオイルの薄い油膜だけでは心理的に不安と言うユーザーも多い事実から、超低粘度なグリスであれば面白いであろうと言う事で発売する事となったのでLDGとTHGです。
厳密に言うとLDGが一番粘度が低く、次に僅差でTHGとなりますが、いずれもグリスの粘度を示すちょう度は0番としています。
そしてLDGとTHGをリリースしてみると、もう少し粘度の高いグリスの需要が出て来る。と言う事でマルチパーパスなグリスとしてBSLGをリリースする事となった訳です。
LDGは回転部や潤滑部に向けた箇所へ、THGは摩擦や荷重の多い箇所へ、BSLGはそれらを含むあらゆる箇所を対象として生産していますが、正直言って全てオーバースペックに生産してある為に、人力以上動力未満の力に対しては全てにおいて使用可能な数値性能となっています。
個人的にはTHGとBSLGさえあれば自転車を組む事において完璧な油膜提供を行える事は間違い無く、更にLIGHT DUTYとTHCIK HEAVYがあればすべての潤滑及び保護をオーバースペックに行う事が可能です。
なので、それよりも低い数値で油膜性と極圧性を維持出来るフィッシングリール、スケートボード、ホビーユースの場合においては絶対的な油膜の存在率を示す事が出来ると自負しています。
もちろん使用条件や使用環境などのあらゆるバリエーションは存在していますが、あくまでも製作側の意図としての基本設計は間違いなくオーバースペックに設定していると言う事です。
一般的なグリスの弱点である粘度抵抗と浸透性能を極力改善する為に生まれたBORED METHODの超低粘度グリスLDGとTHG、そして低粘度ながらマルチパーパスに使用可能なBSLGをゼヒお試しいただければと思います。
お買い求めはBORED STOREまたはBORED METHODお取り扱いDEALER各店よりお待ちしています。



本日より一斉に出荷を開始致しましたBORED VITALのHEX RIPSTOP MESH CAPですが、今回から採用したCOOL MAXの汗止め部分にはVITALのネームタグも縫製されています。
ついフロントのMonday Sucksロゴばかりに目が行きがちですが、一応ブランドロゴもどこかに潜ませておかないと正体不明になってしまいますからね。
今回で2回目のシリーズとなるRIPSTOP MESH CAPシリーズはライダーやランナーはもちろん、ハイカーやアングラーにもゼヒ活用していただきたいアイテムです。
自分もハイカー&アングラーの端くれとしてサンプルテスト時から愛用していますが、何よりも毎回息子が気に入ってしまっていると言う事実が嬉しかったりします。息子曰く涼しくて着用感が気持ち良いとの事で、この季節はビーニーやベースボールキャップだとすぐに脱ぎたがる息子でも一日中被っている程の快適さです。
毎回海外より仕入れたメイン生地によりvelo spicaへ製作を依頼していますので数量限定となってしまいますが、残りも僅かとなって来ましたのでお早目にBORED STOREよりご注文をお待ちしています。


2017/05/15

インフルエンザ中のボスからの指示でGW明けから連日出荷作業を行っていますBOREDパートタイマーSです。
本日はお待たせしていましたvelo spicaへ別注生産依頼しましたHEX RIPSTOP MESH CAPの検品及び梱包作業を行っています。
明日より一斉に発送開始となりますので、お届けまで今少しお待ちいただければと思います。
と言う事でBORED STOREの方でも残り僅かとなりましたが、今なら即日発送可能な在庫もございますので是非お早目にご注文をお待ちしています。

2017/05/10

GWの後半から何だか体調が優れないなと思っていた矢先、一昨日から連日の高熱に見舞われてしまい昨夜は遂に40度を越えてしまいました。
この季節にも関わらず地域的にインフルエンザが流行っているとは聞いていたんですが、まさか自分がこんなタイミングでとは思わず、GW中の日焼けが原因した軽い熱中症かな?程度にしか思っていませんでした。
そんな訳で暫くは不定期な出勤と早退を繰り返す事となりますが、発送業務だけは外注倉庫より順次行わせていますのでご安心ください。
さて、先日発売致しましたBORED VITALの新製品WASH IN WRですが、お陰様で大変多くの反響をいただいています。
特にフィッシング関係からのご注文が集中しており、既に追加でご注文をいただいているDEALERも多数となりますが、やはり雨天の中を好んで行動するのはアングラー位なんでしょうね。
さて、そのWASH IN WRの発売に伴い、次回入荷分よりORIGINAL SIZE WR及びPRO SIZE WRも若干マイナーチェンジ致します。
とは言え成分や用途などほぼ変わりないのですが、唯一の違いとしてレザー製品にも正式対応する事となりました。
本革や合皮を問わずミスト後に軽く空拭きするだけでWRの撥水効果に加えナチュラルな光沢を得る事が出来、ワックスやオイルの様にギラついたりベタついたりする事もないので特にスニーカーやバッグなどにお勧めです。
画像のNB 996はWRをミスト後に空拭きしただけの状態ですが、ワザとらしくないナチュラルな艶感が出ていると思います。
WRの成分中にはイソプロピルアルコールを使用している為に、脱脂洗浄効果も持ち合わせています。水で落ちる汚れは通常の洗濯で落とせば良いのですが、油性の汚れなどの場合はWRをミストしてウエスやスポンジなどで拭く事により結構簡単に汚れを落としてくれるので、耐久撥水効果と併せて一石二鳥な使い方も出来るでしょう。
BORED VITALのWASH IN WR、ORIGINAL SIZE WR、PRO SIZE WRのお買い求めはBORED STOREまたはBORED VITALお取り扱いDEALER各店よりお待ちしています。

2017/05/09

先日ご紹介しました東京は神楽坂にありますキュレーションストアla kaguに続き、この度BOREDのMETHOD製品及びVITAL製品お取り扱いDEALERとして埼玉のWonder Field KITAMOTOが新たに加わる事となりました。
Wonder Fieldと言えば中古の買い取りイメージが強いかもしれませんが、特にWonder Field KITAMOTO店ではフィッシングリール全般のメンテナンスも精力的に行っていますので、是非METHODのオイル&グリスをご指定の上でお試しいただければと思います。
近日中にはMETHODのオイル&グリスやVITALのミスト&リキッドもお買い求めいただけると思いますので、是非一度Wonder Field KITAMOTOまで遊びに行ってみてください。
引き続きBOREDではMETHOD部門製品またはVITAL部門製品をお取り扱いいただけるDEALERを随時募集しています。バイシクル、フィッシング、アウトドア、スケート、セレクト、ワークウェア、ストリートウェアなどをはじめ、上記に関連する飲食店なども対象にお取り扱い可能となりますので、BOREDのオフィシャルメールinfo.bored@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

2017/05/03

BOREDはカレンダーどおり明日からGW休業とさせていただきますが、相変わらず休日の直前は超多忙となってしまう為に何も計画出来ていません。
昨年の7月?から全く行けていない釣行や9月からまともに行けていない山行、GWくらいはどちらか行きたいなと思いながら、ちょっと自分のリールにオイルアップしてみたり。
余りにも好き過ぎなシマノのアルデバランMG7ですが、画像と全く同じフルカスタム仕様がもう1台あり、他にも新品のノーマルが1台あると言うほど好きなんです。
このフルカスタム仕様はBOREDのMETHOD及びVITALお取り扱いDELAERの岐阜DECADEWORKSにてペイントとカスタムパーツを依頼した物ですが、このガンメタは自分で調色した通称「切り粉」カラーと言います。DECADEWORKSに「切り粉」カラーと言えばこの濃いガンメタでペイントして貰えますよ。
もちろんペイントだけでなくハンドルやノブをカーボンパーツで組み替え、その他パーツは全てブラックで統一し、破損パーツも新品交換したアルデバランMG7。完璧過ぎてもはやメーカーオフィシャル感が出てしまい全く遊び心が表現出来ていないと言うツマラナイカスタム例です。が、これで良いんです。
そんなアルデバランMG7ですが、今回はスプールベアリングにKRAKEN、ハンドルノブベアリングにKRAKEN、レベルワインダーにLIGHT DUTY、メインギアにBSLG、その他の摩擦箇所にはLIGHT DUTYにTHICK HEAVYを7:3で混合と、結構軽めなイケイケギュンギュン仕様でオイルアップしてみました。
とは言え余りにも使ってないので元々全く問題なかったと言う意味の無いオイルアップなんですが、このGWにもし釣行出来たとしても恐らく愛息を連れてどこか遊びに行くついでとなる事が間違いないので、愛用のナマズ用と化したメガバスのオロチX4パックロッドを持参する事になるでしょう。となるとF4パワーなので余りヘビーなルアーを使えない事もあり、リールのオイルアップもこんな感じでセレクトしてみた訳です。まぁどうせ3/8を中心としたラバージグとバズベイトしか使わないと思うんですけどね。
それと先日の取材がアップされたBasserのsiteBに影響を受けたと言うか、やっぱり面倒臭いけど自分でやってみようかな感が。アングラーの皆さんは改めてsiteBをチェックしてみてくださいね。ちなみに取材当日は間違えてMETHODでは無くVITALのTシャツを着て行ってしまったと言うオチも要チェックです。
で、生産の遅れていた2017 SS Tシャツが本日出荷になったと深夜にメールが。あと1日早ければ出荷間に合ったのに。と言う事でお待たせしていました皆様にはGW休業明けに一斉出荷致しますので今少しお待ちいただければと思います。残りサイズやカラーも少なくなりましたので是非BORED STOREよりご確認ください。

2017/04/29

老舗バスフィッシングマガジンBasserの人気ウェブメディアsiteBにて、BOREDのMETHOD及びVITALお取り扱いDEALERである池袋10minutesと共にリールメンテナンスのご紹介をさせていただきました。
バスフィッシング歴40年程と無駄に長いだけの自分ですが、Basserは創刊当時からの愛読書の一つでもあり、当日つり人社を訪れた際は感無量だった事は内緒です。
さて、今回は10minutesのボスKSN氏にメンテナンス作業をお願いし、自分はオイル&グリスの簡単な用途などを説明すると言う内容となりましたが、使用したリールがまさかのミドルスクール機種となり多少困惑した事も内緒です。
当然ながら油膜は存在せず、存在していても完全に酸化している状態でしたが、今回はチューニングではなくメンテナンスと言う事で、siteBを見ている方でもこれ位までは分解出来るであろう所まで分解洗浄を行いました。
動画の最後に仕上がり具合をチェックしているのは自分ですが、もう雲泥の差と言うかスムーズさとシルキーさが気持ち良い仕上がりとなりました。
これから梅雨〜真夏〜台風と雨天や湿度に加え常に高気温下な状況が続く金属にとって最も厳しいシーズンとなります。
しっかりと分解洗浄を行い適正なオイル&グリスで仕上げる事で、金属の寿命や精度は間違い無く維持出来ますので、是非BORED METHODのシンセティックオイルをご使用いただければと思います。
引き続きご注文はBORED STOREよりお待ちしています。

2017/04/28

51日に発売となりますBORED VITALWASH IN WRにつきまして、早速多くのご注文と共にお問い合わせをいただいています。
その内容として一番多いのは、既存のORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRとの使い分けなのですが、実際に使用している撥水成分の違いから効果や特徴が若干異なります。
先ずWASH IN WRは水溶性の濃縮タイプとなるので手軽に水で希釈して使用出来ますが、その長所としてはやはり対象物全体を希釈水に浸ける事で対象物へ均一な処理が行えると言う点です。
特にシェルジャケット、ポンチョ、テント、タープ、グランドシートなど大きな面積を持つ物へ既存のORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRを使用するとアッと言う間に1本を使い切ってしまいますし、大きな面積へのミストは均一な処理には不向きな場合があります。
そこでWASH IN WRの長所が有効となるのですが、実際のテストではゴアテックス製ハードシェルを1着に処理する場合でおよそ3L弱の水があれば済んでしまいます。いわゆる洗面器程度です。更に残りの希釈水でシルナイロン製のスタッフサックやサコッシュもついでに処理する事が出来ました。
仮に大物のテントや複数のウェアを一度に処理したい場合などは、洗濯機や浴槽を使用する事で20L~25L程度の水に対しWASH IN WRを丸々1本使う事になりますが、それでもランニングコストとしては十分安く済む事になり、更には浸ける事により処理ムラが全く起きない利点も得られます。縫製箇所もポケットもフードも全て均一に処理する事が出来ます。
処理後は成分が浸透付着している事から言えば通常の乾燥だけでも撥水効果は得られますが、今回のWASH IN WRに使用しているフッ素系ポリマーは熱処理を行う事で完璧な撥水効果が現れますので、推奨としては必ず熱処理を行っていただく事をお勧めします。これが唯一の短所と言えばそうなるのかもしれません。
この熱処理に関しては乾燥機を使用するかアイロンを使用するのが推奨となりますが、ジャケットやパンツなどの衣類はアイロンで十分対応出来ると思いますし、タープやグランドシートも同様にアイロンで対応可能です。
ただテントなどの立体物の場合は地道にアイロンをかける手間も時間もそれなりに増えてしまいますので乾燥機を使用する方が便利かもしれません。
ちなみにサンプルテスト結果から言うと自然乾燥後にアイロンを低~中温度設定となる80度~120度で30秒程かけてやる結果が最強の効果を発揮しました。
さて、その逆としてORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRはバッグ、シューズ、キャップなどの立体構造のアイテムや、ピンスポットで使用したい場合や処理時間を短くしたい場合などに有効となります。
これはミストなので誰もが想像つくと思いますが、使用したい箇所周辺のみを狙って処理が出来る事と、溶剤性につき直ぐに揮発して乾燥までに数十分もあれば済むと言う点が長所となります。
ただし対象物が濡れている場合や湿っている場合などはいくらミストしても効果が激減してしまいますので、必ず使用の前と後で乾燥されている事を確認する必要があります。これも短所と言えばそうなるのでしょう。
上記からそれぞれの長所短所がお分かりいただけたと思いますが、何よりもハイキングやフィッシングから帰宅して、泥や汗で汚れたウェアやキャップなどを洗濯機へ放り込み、その濯ぎ洗い中に適量のWASH IN WRを入れてやり、その後脱水してしまえば後は干すだけ。更に自然乾燥し終えたウェアやキャップなどにアイロンをかけてやれば完璧な撥水効果が得られていると言う手軽さは非常に便利だと思います。
もちろんWASH IN WRを処理したアイテムにもORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRをミストする事が出来ますので、ダブルで処理を行えればかなり最強な耐久撥水処理と言えるでしょう。
とにかくキモは完全に対象物を乾かしてやると言う事で、更に熱処理や温風乾燥を行えると最強の耐久撥水性が実感していただける点はBORED VITALのWRシリーズに共通します。
そんな訳でORIGINAL SIZE WRPRO SIZE WRWASH IN WRを上手く併用して今年の梅雨~真夏の雨天対策に是非ご使用いただければと思います。
ご注文はBORED STOREまたはBORED VITALお取り扱いDEALER各店までお問い合わせください。

2017/04/27

本日より受注を開始致しましたBORED VITALの新製品WASH IN WRですが、有り難い事に発売前からBORED VITALお取り扱いDEALERよりご注文をいただき早くも数量が僅かとなっています。
5月1日の発売となりますが先日より発送業務が大変混雑している都合もあり、また、GW休業も重なります事から、GW休業明けより順次発送を行わせていただく場合もございますのでご了承ください。
さて、お気付きの方も居るかもしれませんが、このWASH IN WR発売のタイミングにてWRシリーズのデカールデザインを若干変更する事となりました。
BOREDのルーツ?に戻りブラック&ホワイトのみを使用し、敢えて無骨に徹したデザインとなります。
ORIGINAL SIZE WRやPRO SIZE WRも同様に次回の生産分より同様のデザインへ変更する予定となりますが、肝心の内容物は一切変わりませんので報告まで。
と言う事で、出荷段取りの都合や受注状況の確認の意味も含め発売日より数日早い受注開始となりますが、引き続きBORED STOREよりご注文をお待ちしています。

2017/04/26

連日発売に向け準備を行っていますBORED VITALの新製品WASH IN WR。
水溶性耐久撥水剤として1年半ほどの開発期間を経てようやく発売に至りましたが、特徴としては水溶性の濃縮タイプでありながらも撥水効果の耐久性と復元性に優れていると言う事。
処理は自宅の水道水で手軽に希釈する事が出来て、対象物により50倍〜100倍の希釈率で無駄なく効率的に撥水処理を行う事が出来ます。
そして通常の乾燥後は更に乾燥機やアイロンを使用した熱処理を行う事により、100%のWASH IN WR効果が実感出来ます。
最終サンプルでは100円ショップで購入した当然何もコーティングされていないナイロン製の巾着袋を100倍に希釈したWASH IN WR希釈水へ漬け込み数分揉んだり、その後軽く絞ってからその辺に放置して大体乾燥したところでアイロンを使用し低80度で熱処理を行いました。
100円ショップで買った物なので、特に当て布などをせず直接アイロンを使用しましたが、アイロンの説明書によるとアクリルやポリウレタンなどは80度〜120度で最大50秒、ナイロンやポリエステルなどは140度〜160度で1分強ほど耐える様です。
まぁ今回は特に気を遣わずに適当に熱処理をしてみたと言う事ですが、上記の様に1分前後も熱処理を行う必要なく10秒ほどの熱処理ですぐに撥水効果が発揮出来ました。
もちろんこのテストは最終サンプルの成果を早く見てみたいと言う事で行ったものですが、キチンとした前後処理を適正の温度と時間で行うと特に耐久性には大きく影響して来ます。
正直言って市販のどの撥水剤でも撥水力は皆同等です。あ、超撥水は除きますが。
その撥水力がどの位継続出来るか?復元する事が出来るか?これがBORED VITALのWRシリーズがコダワっている部分です。
要するにBORED METHODのオイルと同じく、強く永く使用出来る事をメーカーポリシーとして部門を問わずプロダクトへ採用していると言う事です。
さて、そのWASH IN WRですが内容量200ml入りで税込¥2600にて5月1日発売予定となります。もちろん絶対にMADE IN JAPANですw
ただ、GWの絡みもあり生産が間に合わず初回生産分が極端に少ない事から、GW明けの5月二週目までには追加生産を行いますので、当面実質的には先行予約的な感じとなってしまうかもしれませんのでご理解いただければと思います。
そんなタイミングにて申し訳ありませんが、是非このWASH IN WRの実力をお試しいただければと思います。

2017/04/25

昨日より出荷を開始しましたBORED METHODのLIGHT DUTY、THICK HEAVY、BSLRの使い切りサイズとしてリサイジングしたオイル3種類ですが予想外に大好評をいただいています。
これでKRAKEN及びGOLYATと同様に統一された15ml入容器となったBORED METHODオイルは、これからが本格的に性能を発揮出来るシーズンとなります。
梅雨から晩秋にかけては急激に湿度が上がり長雨や豪雨などと相まって気温も急激に上昇します。
つまりあらゆる金属にとっては熱による膨張と湿度による酸化が頻繁に起きるシーズンとなり、サイクルパーツやフィッシングリールなど金属パーツにとっては一番過酷なシーズンとなる訳です。
安価な鉱物油や成分不明の合成油とは異なりBORED METHODのポリシーとなるフルシンセティックの絶対的な品質の違いと、適材適所に設計された各ラインナップにてこれからのオイルアップに是非ご活用ください。
BORED STOREからのご注文分と合わせて本日よりDEALER各店へも発送を開始していますので、引き続きお近くのBORED METHODお取り扱いDEALER各店までお問い合わせください。

2017/04/20

先日も軽く触れましたが、BORED VITALより今月末の発売を予定していますWASH IN WRについてご説明したいと思います。
このWASH IN WRは市販他社製品と同様に水の分子を利用して撥水成分を生地へ染み込ませ、乾燥後の熱処理により完全な撥水効果を付加させる水溶性撥水剤です。
既存のORIGINAL SIZE WRやPRO SIZE WRは溶剤性として速やかに浸透及び定着させる事で撥水効果を付加させる事を目的としていますが、事前に処理を行っておくシチュエーションが多い撥水剤においては、水の低分子性を利用して逆にゆっくりと浸透及び定着させてやる事で効果を発揮させる製品も必要でした。
WR各種にそれぞれ長所も短所もありますが、今回のWASH IN WRの長所としては成分を希釈した水へ漬け込み浸透及び定着させる事で対象物にムラなく均一な処理を行える点や、溶剤臭や換気にも気を遣わず日常の洗濯や入浴ついでに使用出来る点が長所となります。併せて使用する対象物の大きさに応じて水分量を調整出来るので、推奨する希釈率によりコストパフォーマンスに優れた使用が出来ます。
また、ORIGINAL SIZE WRやPRO SIZE WRは使用前の状態として対象物が完全に乾燥している事が絶対条件となりますが、このWASH IN WRは逆に水を利用する為に濡れていても湿っていても直ぐに処理を行う事が出来ます。
撥水効果としては溶剤性のORIGINAL SIZE WRやPRO SIZE WR同様に市販他社製品よりも耐久性に優れた撥水効果を付加させる事を目的としていますが、成分として安全性を重視したフッ素系樹脂、変性シリコーン樹脂、特殊ポリマーの3種をハイブリッドし、熱処理による効果の復元性や耐久性を高めています。
熱処理による復元性はアイロンやドライヤーなどで十分な効果が得られるので、特別な装置を用いなくても簡単に処理を行う事が出来ます。
推奨する使用方法としては、先ず事前に対象物の汚れや油などを通常洗濯で落としておく必要がありますが、柔軟剤や漂白剤などを使用しないシンプルな洗剤のみによる通常洗濯が条件となります。
洗濯済みの対象物を水で50倍~100倍に薄めたWASH IN WR希釈水に漬け込み、良く撹拌しながら5分程度馴染ませて行きます。
容量の多い洗濯槽や浴槽よりもバケツなどを使用すると必要最低量だけで済むのでコストパフォーマンス良く処理を行う事が出来ます。
上記でWASH IN WR希釈水に漬け込んだ対象物を洗濯機などを使用し1~2分軽脱水し、その後は天日で乾燥させますが、この時点で乾燥機を使用しておくと後に熱処理を行わずに済みます。
乾燥機を使用せずに乾燥させた対象物の場合はアイロンやドライヤーなどで熱を加える事により、WASH IN WR本来の撥水効果を得る事が出来ます。
乾燥機やアイロンの設定温度は低温設定が目安となりますが、温度としては50度~60度ほどが推奨となります。
ただし対象物の使用温度範囲もありますので、洗濯ラベルに記載の設定上限温度を守った上で当て布などを用いてご使用ください。
この使用方法ついては市販他社製品の水溶性ウォッシュインタイプ撥水剤と同様の行程となりますが、WASH IN WRの特徴として配合している特殊ポリマーの働きにより、市販他社製品の水溶性ウォッシュインタイプ撥水剤よりも成分密着性に優れた長寿命性を実現しています。
乾燥及び熱処理後は直ぐに撥水効果が実感出来ますが、当然ながら使用に際し摩擦や水圧などにより徐々に効果が薄れて来る場合もあります。その場合でも一旦乾燥させて熱処理を加える事で撥水効果が復元します。
更に経年などによる撥水効果の復元が薄れて来た場合は再度一から処理を行うか、WASH IN WRを水で10倍に希釈した物をミスト後に熱処理を行う事でまた撥水効果を得る事が出来ます。
WASH IN WRの希釈目安として、薄物のハードシェル、ウインドシェル、サコッシュなどの場合はおよそ3Lの水に対しWASH IN WRを30mlから60ml使用、厚物のハードシェル、ソフトシェル、バックパックなどの場合はおよそ5Lの水に対しWASH IN WRを50mlから100ml使用、シューズやキャップなどの場合は水に10倍希釈したWASH IN WRをミストまたは50倍希釈した水にドブ浸けで使用、大物のテントやタープについては洗濯機を使用し低水量の20L〜30Lを目安としてWASH IN WRを1本丸々を使用します。注水洗いではない通常洗濯で5分から10分ほど洗濯し、2分~3分の軽脱水後に乾燥及び熱処理を行ってください。
WASH IN WRは撥水性だけでなく撥油性にも優れた効果により防汚対策としても日常の洗濯ついでに付加する事が出来るマルチパーパスな用途として、3種の撥水及び補助成分を配合したBORED VITALオリジナルの水溶性撥水剤です。
4月末頃の発売予定につき只今連日準備を開始していますので、詳細などは追ってBORED STOREにてアップ致します。

2017/04/19

新年度からBOREDの雑用係を担当する事となりましたSと申します。
アウトドアにもフィッシングにもサイクリングにも全く興味の無い自分ですが、BOREDが使っている外注倉庫でのお付き合いを経てパートタイムしています。
実は4月からBOREDのBLOGやFACEBOOKのアップは自分が行っていました。
とは言ってもボスの校正が入ったテキストを適当な時間にアップすると言う極簡単な作業なので、それに伴う画像の準備や文章の作成を行っています。
お気付きの方もいるかと思いますが、4月から始めたDEALER各店への発送ニュースなども自分が行っています。
もちろん主な仕事は外注倉庫での作業が本職となりますので、製品の外装貼や検品などを行った後に指示に従った梱包から出荷までを担当しています。
ボトル製品の出荷が多いBOREDですが、実は使用しているラベル全てが紙では無い高級素材を使用していますので頻繁にロスさせる訳には行きません。
毎月数百から千枚以下のラベルを治具を使った手作業で貼付けていますので、用紙の癖なども頭に入って来ましたが、たまにミスをするとボスに肩パンチを入れられますw
来週からは新しくMETHODのリサイジング製品がリリースとなりますが、既に多数のご注文をいただき今週はその準備に追われる日々となりそうです。
今年に入って公私共に超多忙&外出続きなボスの指示でこれからも雑用全般を行っていきますので、画面の中だけでの登場となりますが今後とも宜しくお願い致します。
BOREDパートタイマーSでした。

2017/04/18

以前もお知らせしましたBORED METHODの定番オイルLIGHT DUTY、THICK HEAVY、BSLRの3製品につきまして、KRAKEN及びGOLYATと同一容器となる15ml入容器へリサイジングしたラインナップを発売する事となりました。
これに伴い各デカールデザインも変更を施しましたが、基本的にはオリジナルサイズのイメージを継承したデザインとなっています。
このリサイジングしたラインナップは使い切り容量を目的とした製品となりますが、既存の30ml入容器の場合だと期限内に使い切れないと言うお客様の要望もあり、KRAKEN及びGOLYATと同一容器とする事となりました。
15ml入容器とは言っても実際の容量は18ml程が充填されていますが、容器の規格サイズとして15ml入容器としていますので参考まで。
将来的にはMETHODオイル全てのラインナップをこの15ml入容器で統一する事となりますが、当面はオリジナルサイズの30ml入容器と平行して販売して行きます。
容量が減った分の価格として多少割高になってしまうのは回避出来ないのですが、次回生産時から一部添加剤の値上げも予定されていましたので、価格に関しましてはご理解いただければと思います。
只今デカールの生産中につき4月24日よりデリバリー開始とさせていただきます。
毎度の事となりますが、初回生産分は在庫が少な目となりますので、お早目にBORED STOREよりご注文いただければと思います。
また、BORED METHODお取り扱いDEALER各店からもオーダーをいただいていますので、併せて24日以降はBORED METHODお取り扱いDEALERでもお買い求めいただけると思います。
このところ雨天続きとなっていますので、BORED立ち上げ以来一環したポリシーとなります強靭な油膜性と極圧性に優れたBORED METHODのシンセティックオイルをゼヒお試しいただければと思います。

2017/04/12

昨日より先行受注を開始致しましたBORED VITALのHEX RIPSTOP MESH CAPですが、お陰様で早くも残り受注枠が一桁となっております。
デリバリーは5月上旬頃の予定となりますが、このペースで行くと入荷と同時に完売の可能性となりそうです。
今回も数量限定生産となります都合から事前のプリオーダーをいただいておりますが、決済確認をもって正式な受注確定とさせていただきますので、引き続きBORED STOREよりお早目のご注文をお待ちしています。
先日BORED VITALお取り扱いDEALERに加わりましたキュレーションサイトのHATCHに続き、東京は神楽坂にありますla kaguでもBORED VITALのWRをお取り扱いいただける事となりました。
今回はla kagu内のHATCHブースにてショップインショップとしてお取り扱いいただく予定となっています。
このla kaguは1960年代に建てられた新潮社の書庫をリノベーションし、2014年10月に神楽坂の地に新たに誕生した、ファッション、雑貨、家具、書籍、アート作品を取り扱うスペースです。
併設されたカフェで寛ぎながらショッピングを楽しめるので、是非一度遊びに行ってみてください。
引き続きBOREDではMETHOD部門製品またはVITAL部門製品をお取り扱いいただけるDEALERを随時募集しています。バイシクル、フィッシング、アウトドア、スケート、セレクト、ワークウェア、ストリートウェアなどをはじめ、上記に関連する飲食店なども対象にお取り扱い可能となりますので、BOREDのオフィシャルメールinfo.bored@gmail.comまでお問い合わせ下さい。
4月から新年度がスタートとなりましたが、BOREDでもMETHOD製品及びVITAL製品の一部について、マイナーチェンジ及びディスコンを行う予定となっています。
先ずマイナーチェンジとしましては、METHODのLIGHT DUTY、THICK HEAVY、BSLRの3種類について、新たに内容量をダウンした15ml容器へリサイジング致します。
とは言っても当面は既存サイズの30ml容器も平行して販売致しますので現行の30ml容器分が完売となり次第、自動的に15ml容器へ移行させていただきます。
そして新年度らしいニュースとなりますがBORED VITALのWRシリーズに新たな2種類の製品が加わる事となりました。
この新製品はWRシリーズとして新たな試みとなりますが、実は既存のWR発売以来からラインナップへ加えたかったバリエーションでした。
一つ目は水溶性ウォッシュインタイプのWRです。これは以前から多数のDEALERより打診されていたのですが、以前生産したサンプルは市販他社製品と比較として余り大きな効果差が生じなかった事もあり半ば開発を諦めかけていました。一昨年末に別件で訪れた材料メーカーとの打ち合わせで、他業種で使用されている材料を上手くハイブッリッド出来れば理想とする効果が期待出来るかもしれないとの事から始まり、結局2年近くもかけて水面下でサンプルテストを行って来た製品です。ウォッシュインタイプはランニングコストが良い事で定評がありますが、水溶性と言う事で生地への浸透力や成分定着率に疑問がありました。どうしても溶剤型の強靭さと手軽さが先行してしまったのですが、溶剤型は処理を行う際の換気や周囲に気を遣う必要があり、その点を改善する為には新たなラインナップを考える必要がありました。今回の水溶性ウォッシュインタイプは水で希釈して使用出来るコストパフォーマンスに優れた製品で、WRシリーズのウリであるもはや業務用と言っても過言ではない耐久撥水効果を日常の洗濯ついでに付加する事が出来る製品です。
二つ目は水溶性リキッドタイプのWRとなります。こちらは現行ミストタイプのWRとは全く異なる新たな成分となり、ユーザーがハケやスポンジなどで塗り込んで使用する事を目的としています。ターゲットは主にシーリングとして、テントやバッグなどの縫製部を現行のWRとは別のメドッドにより強靭に撥水させる目的で使用します。現在シーム処理がされていないテントやバッグには専用のシリコン系樹脂を塗り物理的に水の侵入を防ぐ処理が主流でした。ただしシーム部には透明〜半透明のシリコン樹脂が雑に付着した状態となり重量の増加や外観の阻害などが起こります。更に上手く処理が行えなかった場合にはシリコン樹脂が剥がれてしまう事もあり、対象物によっては完全に密着しない場合もありました。これらを解決する方法として新たにセラミックを用いた浸透塗膜撥水剤として水溶性リキッドタイプのWRを開発し、テントやタープなどを中心にその他シートやバッグなどの縫製部に水で希釈させる事で浸透させ、その後30分ほどの乾燥時間で直ぐに特殊な皮膜を生成し使用する事が出来ます。
いずれの新製品も人体や環境に無害な成分のみで生産され、市販他社製品との比較テストにより優秀な効果が確認出来たWRシリーズの新たな展開となります。
上記はいずれも4月〜5月中の発売を予定していますので、詳細が決まり次第改めてBORED BLOG及びSNSにてお知らせ致します。
また、上記の新製品2種類を発売するタイミングで、現行WRの製品デカールを完全なブラック&ホワイトへ若干のデザインを変更致します。よくWRのデカールにあるレッド&イエローのストライプは何を現しているんですか?とのご質問をいただくのですが、実は何も考えていないと言うのが正直なところでして。なんとなくMETHOD製品との差別化でしかなかったのですが、そこにコストをかける意味も無いので改めてこのタイミングで変更させていただきますが、5月頃より多少の混在も含め徐々に移行して行きますのでご了承ください。
引き続き今後ともBOREDのMETHOD及びVITALを宜しくお願い致します。

2017/04/11

先日よりインフォメーションしていました2017年SSのリップストップメッシュキャップですが、本日只今よりBORED STOREにて先行受注をスタートさせていただきます。
今回のHEX RIPSTOP MESH CAPはその名の通り六角形のヘキサゴン模様が特徴となるUSA製ファブリックを使用しています。発色の良さと絶妙な厚みはコットン100%となり、今回から汗止めにはCOOLMAXを採用しています。前回よりも更に軽量化、速乾性、携帯性を追求したアウトドアマルチユースに最適な仕上がりとなっています。
前回に引き続きvelo spicaによるハンドメイド生産につき数量限定生産となりますので、BORED STOREの製品詳細をご確認の上でお早目のご注文をお待ちしています。

2017/04/10

先ほどご紹介しましたHATCHに続き、この度BORED VITALのお取り扱いDEALERに千葉の柏にありますフィッシングショップOPAが新たに加わる事となりました。
オーパと聞けばピンッと来る方も多いと思いますが、自分も尊敬する作家であり釣人である開高健ですね。その開高健の旅と釣りを綴った代表作でもある本のタイトルがオーパ。
そしてこの外観もこれまた以前ワークショップ時代のBOREDに完全に通じる物があります。BOREDの場合はドアすら見つけ難かったのですが。
さて、OPAではこの度BORED VITALのWRシリーズを中心にお取り扱いいただける事となりました。
近日中にはOPAの店頭及び通販にてお買い求めいただけると思いますので、是非お近くの方は遊びに行ってみてください。
引き続きBOREDではMETHOD部門製品またはVITAL部門製品をお取り扱いいただけるDEALERを随時募集しています。バイシクル、フィッシング、アウトドア、スケート、セレクト、ワークウェア、ストリートウェアなどをはじめ、上記に関連する飲食店なども対象にお取り扱い可能となりますので、BOREDのオフィシャルメールinfo.bored@gmail.comまでお問い合わせ下さい。
T19のメンバーとしてもお馴染みのYOPPI君こと江川芳文氏が近日中にキュレーションウェブサイトのHATCHにてBORED VITALのWRをセレクトしてくれます。
このHATCHは各ジャンルの著名人をアイテムセレクターとして、セレクター本人が本当に良いと思った物だけを販売するキュレーションウェブサイトです。
各セレクターによるマニアックな品揃えや興味津々なアイテムが多数掲載されています。
近日中にはHATCHYOPPI君セレクトアイテムとしてORIGINAL SIZE WR及びPRO SIZE WRがアップされる予定となりますので、今後はHATCHからもお買い求め頂ける様になります。
余談ですがYOPPI君とは年月日が全く同じ誕生日なんです、何でこんなにも作りが違うのでしょう。
と言う事で今後はBORED VITALお取り扱いDEALERとしてHATCHも新たに加わる事となりましたので是非ご確認ください。

2017/04/07

昨夜から雨天となっています東京ですが、この数日は晴天に恵まれず降ったり止んだりの天気が続く様です。
BORED VITALのWRは初期の撥水効果を長期的に持続する為の耐久性を重視しています。安価なシリコン系の様に撥水効果が持続しない、また、フッ素系の様に水弾性が乏しいなどのネガティブ要素を解決した簡単施工の耐久撥水ミストです。
只今BORED STOREでは欠品となっていますORGINAL SIZE WRとPRO SIZE WRですが、BORED VITALお取り扱いDEALER各店には在庫もございますので、これから天候の変動が激しい季節に突入する事前ケアに是非ご活用いただければと思います。
お買い求めはBORED VITALお取り扱いDEALER各店にてお待ちしています。

2017/04/06

なんとなく最近お気に入りのフレーズMondaySucksをプリントしたBORED VITALオリジナルのHEX RIPSTOP MESH CAPをサンプル製作中となりますが、今回のHEX RIPSTOP MESH CAPは文字通りの六角形で構成された特徴的なUSA製リップストップファブリックを使用しています。
今回バイザーとフロントクラウンはレッドとブルーの2色展開とし、サイドクラウンとリアクラウンは前回のRIPSTOP MESH CAP同様にブラックのポリエステルメッシュを使用しています。レッド&ブラック、ブルー&ブラックとシンプルな配色ではありますが、意外と見かける事もないかなと思っています。
週末の楽しかった思い出を引きずりながら、誰もが感じる月曜日の憂鬱を下品にフレーズ化したMondaySucks、週末の各フィールドでは目立つ事は間違いないでしょう。
近日中にサンプルをお見せ次第、先行受注を開始致しますのでBORED STOREをはじめBLOGやSNSをチェックしておいてください。

2017/04/03

予定通り本日検品が完了しましたBORED VITALのデイパックHUNTですが、ご注文いただいていましたお客様へは明日より順次発送となりますので到着まで数日ほどお待ちいただければと思います。
今回はバックオーダーやVITALお取り扱いDEALERからのご注文分により、入荷と同時に在庫が10個を切ってしまいましたが、次回の入荷予定は4月下旬〜5月上旬の予定となりますので今の内にお早目にご注文をお願い致します。
引き続きご注文はBORED STOREまたは下記のBORED VITALお取り扱いDEALERよりお待ちしています。

BICYCLE 東京 中目黒 25LAS http://25las.com
BICYCLE 東京 渋谷 BLUE LUG http://bluelug.com
CLOTHING 東京 原宿 TOXGO http://toxgo.jp
OUTDOOR 東京 吉祥寺 vic2 http://www.vic2.jp
FISHING 東京 池袋 10minutes http://10minutes-home.com
FISHING 岐阜 多治見 DECADEWORKS http://decade.blog.jp
BOREDのMETHOD及びVITALお取り扱いDEALERであるフィッシングリールのカスタムペイントやメンテナンスでお馴染み岐阜DECADEWORKSがこの度新たに店舗兼作業場をオープンする事となりました。
それに伴いBORED VITALのHUNTデイパックのお取り扱いもいただける事となりましたので、近日中にはDECADEWORKSの店頭でもお買い求めいただます。
既存の下記お取り扱いDEALER共々引き続き宜しくお願い致します。

BICYCLE 東京 中目黒 25LAS http://25las.com
BICYCLE 東京 渋谷 BLUE LUG http://bluelug.com
CLOTHING 東京 原宿 TOXGO http://toxgo.jp
OUTDOOR 東京 吉祥寺 vic2 http://www.vic2.jp
FISHING 東京 池袋 10minutes http://10minutes-home.com
FISHING 岐阜 多治見 DECADEWORKS http://decade.blog.jp

2017/03/31

予定通り生産が完了しましたBORED VITALのHUNTですが、ご注文いただいていましたお客様へは週明けの検品作業後より順次発送とさせていただきます。
今回の入荷は前回よりも数量が少なくなりますので、是非お早目のご注文にてお待ちしています。
このところ愛息のサッカー引率時などの普段使いとして常にヘビロテしていますが、ハイク用のテクニカルバックパックとは異なるシンプルさと、これぞデイパックと言うシンプルな構造はやはり使い易いですね。
そしてMOSSY OAK社のSHADOW GRASS BLADEカモフラージュは確実に注目の的です。レアな500Dコーデュラナイロンを使用したこのファブリックはハンティングやフィッシングなど本国USAでは定番なカモフラージュです。REAL TREE社とはまた異なるハンティングカモフラージュとして是非ご使用いただければと思います。
引き続きBORED STORE及び下記BORED VITALお取り扱いDEALERにてお買い求めください。

BICYCLE 東京 中目黒 25LAS http://25las.com
BICYCLE 東京 渋谷 BLUE LUG http://bluelug.com
CLOTHING 東京 原宿 TOXGO http://toxgo.jp
OUTDOOR 東京 吉祥寺 vic2 http://www.vic2.jp
FISHING 東京 池袋 10minutes http://10minutes-home.com

2017/03/29

昨年もご好評をいただき追加生産まで行いましたBORED VITALのRIPSTOP MESH CAPですが、今年は新たなファブリックを使用して2017年バージョンの生産に入ります。
個人的にリップストップファブリック好きな事もあり、今後もBORED VITALオリジナルRIPSTOP MESH CAPシリーズとして展開して行く予定です。
さて、今回のリップストップファブリックですが、USAファブリックメーカーRobert Kaufman FabricsのKona Dimensionsを使用しています。
このKona Dimensionsは特徴的な六角形のリップストップが施された発色の良いソリッドカラーのコットン100%ファブリックです。
今回はレッドとブルーの2色展開で、フロントにはMonday Sucksテキストを直接シルクスクリーンプリントします。皆さんも月曜日は嫌ですもんね。
もちろんシルエットは前回同様に往年のサイクルキャップをターゲットとしながらも、4パネルで構成され通気性を考慮したポリエステルメッシュとサイクルキャップとベースボールキャップの中間的な長さに設定したツバとなっています。
サイクリングはもちろんハイキングやトレランなどのアクティブなシーンでの使用や、フィッシングやウォーターレクリエーションなど水辺での使用も想定し、裏面はオールメッシュ仕様の軽量化と速乾性に優れた構成は前回から更にアップデートを加えています。
オールアウトドアユースをターゲットとし、今年も引き続きvelo spicaに生産を依頼したハンドメイドのRIPSTOP MESH CAPシリーズとして近日中にサンプルをお見せ出来ると思いますのでご期待ください。

2017/03/28

新年度を迎えるに当りBORED STOREにてMETHOD製品及びVITAL製品をお買い上げいただきましたお客様へのノベルティステッカー同梱を開始致しました。
あくまでもノベルティとなりますので画像の様にBOREDのMETHOD及びVITALロゴをデザインした物となりますが、ささやかな感謝と宣伝も兼ねてと言う事で。
引き続きBORED STOREよりご注文お待ちしています。



2017/03/27

このところ晴天と雨天の繰り返しが続いている東京ですが、相変わらず気圧変化に対応出来ない不器用なガラスの腰に苦労しています。
そんなタイミングではありますが、明日から本格的な発送業務が集中する為に外注倉庫にて缶詰状態となる機会が多くなり、加えて取材や打ち合わせの予定もあるので月内は終日外出が続く予定です。
そんな訳でBORED BLOGの記事も予めある程度下書きをして、何時でも何処でもアップ出来る様に段取りしているのですが今回だけはタイムリーな内容です。
先日もお伝えしましたBOREDの2017 SS T-SHIRTS各種が4月下旬までにリリースとなります。それに際し先行予約としてプリオーダーを開始致しましたが、プリオーダー特典として通常価格から約20%OFFの値引価格を設定させていただきました。
現在大変多くの先行予約をいただいていますが、プリオーダーの締切期日は3月31日までとさせていただき、4月1日以降は通常価格でのご注文となりますので、是非この機会にお早目のプリオーダーをお待ちしています。
引き続きのご注文はBORED STOREよりお願い致します。

2017/03/23

昨日付けで予定よりも早くBORED VITALのWRが入荷となり、ORIGINAL SIZE WRもPRO SIZE WRも共に出荷準備を開始しています。
画像は以前にもお伝えした事のある我が家の庭にあるWRミスト場と化したコンクリート壁ですが、先日の終日雨天にも関わらず引き続き高い撥水効果を維持していました。画像を見れば一目瞭然ですが、完全に雨が避けたかの様に白い部分は乾燥し、その左右の黒い部分は水を吸い込んでいます。ちょっとした施工レベルですね。
WRの特殊レジンがしっかりと対象物に浸透し定着している場合はここまで耐久性を得る事が出来るので、生地はもちろん木材や石材などの様に表面が荒れた状態の物では長期的な撥水効果を示します。逆にガラスや塗装面などの様に表面が平滑な部分では特殊レジンが定着せずに流れてしまいますので推奨用途ではありません。
BOREDアカウントのinstagramでも不定期にお伝えしているとおり、WRをミストしたトイレットペーパーに水を貯めたデモンストレーションでも2月28日から現在まで未だ破れる事なく撥水を続けていますが、実際にウェアやバッグに使用する場合においては常に摩擦が加わる為に特殊レジン成分が剥離され効果は徐々に落ちて行きます。効果が落ちたかなと感じた場合は再度ミストを行っていただければ乾燥後に直ぐ効果が現れるので、ウォッシュインタイプの様に面倒な手間もいらず高耐久な撥水効果を実感していただけると思います。
これからは一年で最も使用頻度の多いシーズンを迎え始めますので、急な天候変化に直ぐ対応出来る様に常時ストックしていただければと思います。
ご注文はBORED STOREまたはBORED VITALお取り扱いDEALER各店よりお待ちしています。
先日から一人で大騒ぎしているだけなんですが、三連休の前日にまたやってしまった持病の椎間板ヘルニア再発。まぁ毎年冬季の間にかけて数回は再発する事もあるのですが、今回は久しぶりに超ハードな再発となってしまいました。
色々と多方面にご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありませんでしたが、本日ようやくまともに歩ける様になったので取り急ぎの処置としてブロック注射を処置して来ました。
今回も何でもないキッカケが原因なのですが、簡単に言うと座った姿勢で床に落とした物を拾おうとした際に違和感が。そして時間の経過と共に激痛へ変化して行くといった事でして、激痛と言うと誤解もあるのですが、何と言うか膝や腰から崩れ落ちる様に急激な衝撃を感じるんです。痛みと言うよりは電気が走った様な感覚と言った方が分かり易いでしょう。とにかく完全に神経に触っている事を確信出来る様な何とも言えない衝撃で、今回は左下半身の痺れも出ていたのでかなり重度でした。
どんな体勢でも少し動く度にその衝撃が繰り返されて膝や腰から崩れ落ち、少し歩いたり同じ姿勢で動いてみると良くなったりもするのですが、ちょっとした段差や傾斜で力を入れる度にまた衝撃が。なので、三連休はもう寝たきりと言うか動けず仕舞となり、連休明けも思う様に動けずに結局時間の経過により症状が沈静化されて行くのを待ってからようやく医者へ行く事が出来ると言う始末。
毎回医者へ行く度に手術を勧められますが、もう椎間板ヘルニア歴も11年になるので本格的に手術を考える時なのかもしれません。
重ねて多方面にはご迷惑お騒がせしまして申し訳ありませんでしたが、今週は様子見と言った感じで来週からは通常どおりの業務を行えると思いますので、引き続き宜しくお願い致します。

2017/03/21

私事ですが昨日までの三連休前日から持病の椎間板ヘルニアが再発し終止寝たきりとなってしまいまして、今回は数年ぶりに症状が酷く中々症状が改善されません。
そんなタイミングで本日の雨予報が追い打ちをかけ、急な気圧変化にもう腰が壊滅的な状態が続いています。
さて、そんな中ではありますが、春に向け色々と製品の動きを始めています。
先ずはちょうどこの雨とタイミングが重なりましたが、欠品していましたVITALのORIGINAL SIZE WRとPRO SIZE WRが近日入荷となります。今年は冬季も非常に動きの多かったWRですが、これから本格的に出番の多くなるシーズン到来となりますので是非お早目のリピートオーダーをお待ちしています。
そして同じく欠品していましたVITALのHUNTデイパックが今月末までに若干数が入荷となります。春と言う事でフェスやイベントなど各地で開催されるシーズンとなりますので、是非外出のお供にヘビーユースいただければと思います。
最後に2017年のSSロゴTシャツの先行受注を開始致しました。今回は某バッグメーカーを見習って先行受注に限り20%OFF価格にてご注文いただけます。やはりアパレルが本業では無い以上、本業製品以外の在庫リスクは極力抑えたいのが本音です。そこで先行受注をいただく事で、ある程度のお客様注文分を先に受注確保させていただければと言う事からとなります。
今回の2017年SSロゴTシャツはBOREDのMETHOD及びVITALのロゴを使用した以前スポット生産した物と同一デザインとなりますが、今回から使用ボディを従来の物へ戻したアジアンフィットボディを使用しています。ただし、同じコットン100%ながら従来のボディよりも柔軟性の増した風合いのボディにマイナーチェンジされ、非常に着心地の良いボディとなっています。
首や袖のダブルステッチは形崩れや延びを極力抑え、日本人にジャストなシルエットはSからWXLまでのバリエーションでの展開となっています。
本日3月21日より先行受注を開始致しますので、是非今年もBOREDユーザーにヘビロテしていただければと思います。
上記でご紹介しました各製品のご注文はBOREDオフィシャルストアのBORED STOREよりお待ちしています。

2017/03/17

新年度を迎えるに当りBOREDのお取り扱いDEALERショップでも色々と新展開が予定されています。
先ずはBOREDのMETHOD及びVITALお取り扱いDEALERの恵比寿charifuriが今回新たにnarifuri tokyoとして新たな店舗にてリニューアルオープンする事となりました。ブランド設立10周年を迎え、アパレルのnarifuriとサイクルのcharifuriが一つの店舗に集約された新店舗として4月1日にオープンとなります。
次いでBOREDのMETHOD及びVITALお取り扱いDEALERの熊本Single Bladeが新たな店舗展開として4月オープンに向け準備を進めています。トップウォーターでお馴染みのSingle Bladeらしい拘りの店内は、品揃えだけでなく内装や雰囲気などスペースとしても楽しい空間になる事は間違いないでしょう。
最後にBOREDのMETHOD及びVITALお取り扱いDEALERの岐阜DECADEWORKSもいよいよ本格始動開始と嬉しいお知らせをいただきました。個人的にもフィッシングリールのペイントやメンテナンスをお願いしているDECADEWORKSは、店舗と作業場を併設した展開となるそうで特にカスタムペイントのオーダーなど非常に便利なスペースとなるでしょう。こちらも4月1日オープン予定につき今から非常に楽しみにしています。
今回ご紹介しましたBOREDお取り扱いDEALERにつきましては、WEB SITEやSNSなどを是非チェックしてみてください。